エナペタルを知る

2003年にドイツビルシュタイン本社よりその技術力の功績により日本の正規公認ビルシュタインサービスセンター(BSC)に指定されました。
正規アフターマーケット用ビルシュタイン、および自動車メーカー純正ビルシュタインの
オーバーホール、チューニング、新型車、およびモータースポーツ活動のサポートを行っています。

エナペタルとビルシュタインの関係について

元世界ラリー選手権『WRC』のメカニックで日本人として初めてドイツビルシュタイン本社にてダンパーチューニングを学んだ近藤努が帰国後の1984年に日本で設立したBILSTEIN専門のショックアブソーバーメーカー。
エナペタル(ENNEPETAL)という社名の由来はビルシュタイン本社のある都市名。

受注生産性

ビルシュタイン社の高性能、高品質部品を使用しビルシュタイン本社直伝のチューニングノウハウを用い個々のユーザーに合わせて一本一本ハンドメイド製作する方法を取っています。かつての名車の走りを蘇らせたり、オーバーホールやセッティング変更も可能で、いつまでも最高の乗り心地と操作性を追求できます。

オーダーメイド対応

500種類以上あるといわれる減衰プレート(ワッシャー)をどう組み合わせるかによりセッティングを自由自在に変えることが可能なのがビルシュタイン。その中から最も有効なワッシャーを選択し、理想の減衰力を発生させます。エナペタルでは過去に蓄積された膨大なデータとセッティングスキルでユーザーの要望に合わせて最適な減衰力特性を導き出します。

ビルシュタインについて

ビルシュタインのショックアブソーバーはスプリングの動きを抑える減衰力の発生がスムーズで、車の素早い動きに追随するスポーツ性を持ちながら、優れた乗り心地を提供します。
最も大きな特徴は、高いスポーツ性としなやかな乗り心地のバランスにあります。ビルシュタイン独自のバルブシステムは、ピストンロッド速度が0.1m/sec.以下という低速域でも減衰力を高く発生させ正確に制御出来ます。低速域での正確な減衰力制御がビルシュタインのクイックな操舵性を実現するのです。また、ピストンロッド速度が0.3~0.6m/sec.という高速域では低速域で高く発生させた減衰力がリニアに高まっていく慣性を自在に制御して、しなやかなで踏ん張りのある走りを実現できます。ビルシュタインの高性能の秘密は、この自由自在な減衰力コントロールにあるのです。

ショックアブソーバーについて

車の乗り心地や走行性能(走り出す、曲がる、止める)というとても重要な役割を担っているのがショックアブソーバーです。
サスペンションはスプリングとショックアブソーバー(ダンパー)で構成されています。スプリングは路面の突起から受ける影響を受け止めますが、そのままでは振動が収まらず、車の挙動は非常に不安定になります。ショックアブソーバーはスプリングの振動を素早く抑え、車を安定させるとともに乗り心地を向上させる働きを持っています。この振動を収束する力を減衰力と言います。減衰力はバルブ構造とセッティングによって、その働きは大きく変わります。