HOME >> Ennepetal COLUMN
アンダー鈴木
GT500をも上回るオーバーオールのコースレコードを樹立!!
筑波サーキットTC2000 51秒127!


こんにちはアンダー鈴木です。エナペタルさんのダンパーは長年愛用させて頂いています。サーキットタイムアタックで使用しているS15シルビアもエナペタルビルシュタイン変更して以来もう病み付きです(笑)。ダンパーの性能が良いということはこういうことなんだって、使ってみて初めて思い知らされます。
イメージ

しかし、僕が気に入っている理由はもっと他の部分です。それはダンパーの安定性や耐久性です。僕らプライベーターでは時間と予算が限られています。サーキット現地ではエンジンコンディション、空力、タイヤ、ドライビングなど色々な部分の調整とセットアップを自分たちでこなさないとなりません。余裕が全くないわけです(汗)。だからたとえメンテナンスしていなくても車のどの部品も壊れてはならないのです。エナペタルダンパーはそれに答えてくれます。メンテナンスせず、使うだけ(笑)。でもいつでもどこでも、ダンパーの温度が高くても低くても安定した性能を発揮してくれるとことがとても重要です。そしてダンパーも消耗部品ですから、高い性能をどれだけ長い間(走行距離)使えるかも重要なことです。その安定性と耐久性が信頼につながっています。海外の大会に遠征する時もスペアダンパーはありませんし。一発でのアタックラップも不安なく1コーナーから責められます。
あと是非オススメなのがオーダーメイド。別にオーダーメイドだからって値段が変わるわけじゃないし(笑)。そのオーナーさんの走るステージをどこに合わせたいか、車の仕様や、目標車高によってダンパーのセットは違って来ますからね?。減衰力がどうのこうのとか難しく考える必要はないと思います。『低車高で安定して乗り心地よく高速道路を走りたい』とか『筑波サーキットで何秒出したいとか』目的に合わせたダンパーを使えたら最高です。そのようにして送られて来たダンパーは、一発でばっちり。エナペタルさんの豊富なデーター量の多さがあるからこそなし得る技ですね。
僕の車は年々進化し続け毎年車の仕様が変わりますが、その変更にもばっちり合わせこんでくれるわけですからね。素晴らしすぎます(笑)。

不満点!?ありますよ。見た目の華やかさがないことです(笑)。だってすごくオーソドックスなんですもん。ダンパー職人さんから飾り気なんて必要ねぇ〜よって聞こえて来そうなぐらい。さすが老舗ビルシュタイン、ブレないですね。
いぶし銀ってことで納得してます。(笑)

今、僕が使っているのは全長調整式、減衰12段調整式(E-12ワイドレンジタイプ)です。
e12

.