HOME >> Maintenance >> TECHNOLOGY GUIDANCE


1
シリンダー
2
ガス室
3
ディバイディングピストン
4
ダストブーツ
5
ロックリング
6
イエローチューブ
7
クリップ(ダストブーツ用)
8
高性能グリース
9
スプリングシート
(ストラットケース)
10
ピストンバルブ
11
リバウンドストッパー
12
オイル室
13
シリンダー
14
ガイドキャップ
15
ピストンロッド(シャフト)
16
バンプラバー(バンプストッパー)
17
スピンドル(ストラットケース)
18
カートリッジベース
▲正立式BILSTEIN例
▲倒立式BILSTEIN例
 

■高圧ガス単筒構造(モノチューブ)  
複筒式に起こる、ダンパー内部で気泡が発生し減衰力が低下する現象を、BILSTEINの単筒構造はディバイディングピストン(図3)によりガス室とオイル室を確実に分け、ディバイディングピストンの移動つまりガス室がオイル室を圧迫する構造の為気泡の発生を防ぐことができます。
またそれと同時にロッドによる容積変化も打ち消します。さらに高圧ガスを封入することでエアレーションやキャビテーションを発生しにくくしています。過酷な使用条件のモータースポーツのトップカテゴリーではモノチューブ(=単筒式)は常識となっています。

<図3>
■【図4】ピストンバルブ  
複筒に比べて、単筒構造のショックアブソーバーは径の大きいピストンバルブを使うことが出来る。これはショック内のオイル量を増やす事が出来、熱ダレを防ぎショックオイルの寿命を延ばします。
減衰力は、オイルがバルブ孔を抜ける時の抵抗によって発生。
数百種類あるプレートの組み合わせによって減衰特性を調整。プレートの組み合わせは自由自在。エナペタルは過去に蓄積されたデータと優れたセッティングスキルで、ユーザーの要望に合わせて最も最適な減衰特性を表現します。

<図4>
■アップサイドダウン(倒立式ストラット)
 
ビルシュタインの倒立構造はストラット式サスペンションに最も有効な特性を持っています。
通常はピストンロッドが上部のマウント部を支持するためにピストンロッドには多大な負担が掛かりそのためロッド径を太くする必要性があるのですが、太くする分だけオイル量が減らされるという悪循環を招きます。しかし倒立式はショックアブソーバーを上下逆さまにするためピストンロッドは、横Gに全く左右されずスムーズに作動します。尚且つ上部マウント部は、逆さまにされたショック底部が受け持つため、太く強度を確保する事が出来るのです。
その結果、倒立式は従来のタイプに比べて放熱性に優れ、驚くほど横Gに強く、コーナーリング時のタイヤのアライメント変化量を大きく軽減させるのです。
■500種類以上あるといわれる減衰プレート(ワッシャー)
 
ワッシャーをどう組み合わせるかによりセッティングを自由自在に変えることが可能なビルシュタイン。それを生かすも殺すもチューナーの腕次第です。
500種類以上あるワッシャーの中から最も有効なワッシャーを選択し理想の減衰力を発生させる。
膨大なセッティングデーターと幾多の経験、常に理想を追及する開発姿勢が、素晴らしいと評価されるビルシュタイン・オーダーメイドダンパーのセッティングを可能にしているのです。
■φ50mm倒立スペシャルストラット
左から[φ30mm][φ36mm][φ50mm]用倒立シリンダー
最も過酷なモータースポーツ、WRCにおいてビルシュタインがトップチームにのみ供給するφ50mm倒立スペシャルストラット。
エナペタルではこのビルシュタインの超高品質スペシャルパーツを使用し、エナペタルの高度のダンパーチューニングテクノロジーにより国内ラリー・ダートトライアル用のφ50mm倒立スペシャルストラットを開発。
その性能は従来のラリーストラットとは比較にならないオイル量と高い横剛性を発揮し、放熱性の大幅な向上によりロングステージにおいても減衰変化を最小限に抑え、常に安定したダンピングフォースを発生させます。

※通常エナペタルが創る倒立式ショックアブソーバーはストリートセッティングをφ30mm、モータースポーツセッティングをφ36mmで作製いたします。(一部除外車種あり)




■開発技術スタッフ

レース、ラリー、ダートトライアル、ジムカーナ、ストリートとそのセッティングは様々ですが、ドイツ・ビルシュタイン社で研修を終え、それぞれの分野で最先端の開発能力を持つ技術スタッフが、素晴らしい「ビルシュタイン・オーダーメイドダンパー」を生み出しているのです。


ビルシュタイン独自の減衰力9段調整システムを採用し、エナペタルの高度なセッティングテクノロジーから生み出されるスペシャルダンパー

●減衰力9段調整システム
どのポジションでも均等な減衰力変化を可能にするビルシュタイン独自の9段調整システムは、減衰力基本特性を維持したまま、どのポジションでも限りなく均一に減衰力を変化させるよう精密に設計されたまったく新しいタイプのアジャスタブルシステムです。
●セッティングテクノロジー
様々なカテゴリーのトップドライバーを多数排出するエナペタルのセッティングデータが可能にするスペシャルセッティング

MEISTER TWIN ADJUST SYSTEM (全長調整式)

プリロード位置を変えずに車高を調整できるので、ショックアブソーバーのストロークはしっかりと確保。もちろんプリロードの調整も別にできるので、セッティングのバリエーションが広がります。