モータースポーツトピックス

◆2005.11.05(予選)、 11.06(決勝)◆鈴鹿サーキット(三重県)
2005 SUPER GT 第8戦 SUZUKA GT 300km

2005年SUPER GTの最終戦となる第8戦が鈴鹿サーキットにて行われた。
秋晴れの中行なわれた予選では#3「G'ZOX・HASEMI・Z」は金石のアタックにより日産勢トップの予選7位につけた。
迎えた翌日の決勝、朝から厚い雲が鈴鹿上空を覆い今にも雨が落ちて来そうな状況。そして、昼前から降り出した雨は決勝レース前には土砂降りとなりコースはヘビーウェット。
この荒天により周回数は当初予定の53周から39周に変更され、安全性確保の為セーフティーカー先導のスタート形式となる。 4周目セーフティーカーがコースを外れバトル開始。スタートを努めたコマスは次の周には4位までポジションアップする。 その後11周目#36に先行を許し5位を走行。13周目にピットイン、ピットワークを済ませドライバーを金石にチェンジしコースに復帰させる。 14周目には12位を走行していた金石だが、果敢な走りで次第に順位を上げ24周目には7位を走行。 31周目に#22をオーバーテイクし6位、32周目には#12をパスし5位を走行する。 そしてレースも残り4周となった36周目、4位を走行する#36とテールトゥノーズとなり2台は激しい攻防を繰り広げる。
G'ZOX大応援団他多くの声援を受ける#3は次の周にこのバトルを制し4位となり、そのままのポジションでチェッカーフラッグを受けた。 今回目標としていた2004年アメリカ大会以来の優勝は適わなかったが、周囲も認める速さを見せつけ毎戦上位争いを演じてきた#3。 来シーズンは更なる体制強化を行い、チームとして2003年以来となるシリーズタイトル奪取を目指す。

最後になりましたが、一年間応援頂きました各スポンサー様に厚く御礼申し上げます。

[11/08 ハセミモータースポーツ発表]


.