モータースポーツトピックス

◆2004.09.04(予選)、 09.05(決勝)◆ツインリンクもてぎ(栃木県)
2004 全日本GT選手権シリーズ第5戦 MOTEGI GT CHAMPION RACE

前回のレース結果により60kgのウェイトを積み迎えたGTもてぎラウンド。ストップ&ゴーの連続するこのサーキットではハンデウェイトの影響を受けやすく、この積み重なったウェイトがかなり影響を及ぼすことが予想される。
チームにとっては年間シリーズランキング争いをする上で大きな正念場を迎える1戦となった。土曜日の予選は振るわず16番手と厳しいポジションとなるが、年間シリーズランキングを狙うには決勝レースで一つでも多くのポイントを獲得したいところ。
迎えた翌日の決勝は朝から時折降る雨の影響で路面はウェット。朝溝のレインを装着しスタートドライバーを務めた金石は次々と他車をパスして行き、10周目には6ポジションアップの10位まで追い上げ、早々とポイント獲得圏内にたどり着いた。レース中盤に入った26周目にピットイン、素早く作業を済ませコマスを送り出す。レース後半もさらに順位を上げ54周目には7位までアップし、そのままチェッカーを受けた。
今回は予選から厳しい戦いを強いられたが、その状況下においてもチーム一丸となり最後まで諦めない攻めの姿勢で挑んだ結果、貴重なシリーズポイント4点を獲得することに成功した。レース終了後のランキングはト ップから10ポイント差の4位となり、今シーズン残り2戦となる中で年間シリーズチャンピオンを十分に狙える位置に着けた。
[09/06 ハセミモータースポーツ発表]


.