モータースポーツトピックス
2003全日本GT選手権シリーズ第8戦 
◆予選(11/15)、決勝(11/16)◆SUZUKA GT300Km 鈴鹿サーキット(三重県)

年間ドライバーズタイトル候補が上位6組に残される大混戦模様のGT300クラス。現時点でトップとの差10点、ランキング3位、この最終戦で逆転タイトル獲得を目指す#3「ハセミスポーツ・エンドレスZ」。万全の体制で最終決戦に臨んだ。
土曜日の予選では、アタッカーを務めた木下が他を寄せ付けない圧倒的な速さを披露し、詰め掛けた観客を魅了。今季初のポールポジションを獲得し、貴重な1ポイントもゲットした。
迎えた決勝、シリーズランキング上位の#26や#31#81は下位に沈み、#43はリタイヤとなる。シリーズチャンピオン争いは#3「ハセミスポーツ・エンドレス・Z」と、1点差で追いすがる#71との一騎打ちとなった。しかし、最後まで#71を寄せ付けることなく、2位でチェッカーを受ける。その瞬間、大混戦のGT300クラスを制し、ついに念願のシリーズチャンピオンを手にした。
チーム監督の長谷見以下、チームスタッフ並びに関係者の方々が一丸となって取り組んできた結果、シリーズチャンピオンを獲得することとなり、最高の形で2003年シーズンを締めくくる事となった。
最後になりましたが、1年間ご支援・ご声援賜った皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。


【11/17 ハセミモータースポーツ発表】


.